忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
2005年からタイに滞在しているしがないOLのブログ。
アンケート第三弾!

Quickvoter™

Q.糞コメは公開すべき?非公開にすべき?

糞コメは問答無用で非公開!
面白い糞コメは公開で
糞コメも全部公開!

プロフィール
HN:
イトゥー
性別:
女性
職業:
OL
最新CM
[06/26 koji]
[06/20 みその]
[06/19 未矢ヲ]
[06/18 タイは退廃国家]
[06/18 koji]
Twitter
Twitter
メール
フリーエリア
体調もそこそこ良くなってきたので、イタリア旅行続編。

ウフィツィ美術館で感動した後、午後が暇になってしまった。

とりあえず街中を散策だ!

IMG_2858.jpg

IMG_2870.jpg

IMG_2871.jpg

ウフィツィ美術館近くのシニョリーア広場へ。

IMG_2861.jpg

IMG_2859.jpg

IMG_2864.jpg

IMG_2865.jpg

IMG_2862.jpg

IMG_2863.jpg

IMG_2866.jpg

こんなに沢山の彫刻があるなんて凄いな。

別名、屋外の美術館と言われるだけのことはありますね。

メドゥーサの首を持つペルセウスも蛇がうじゃうじゃ。

しかし、ボルゲーゼ美術館でベルニーニの作品を見たら少し物足りない気になります。

てくてく歩いて子豚の噴水へ。

IMG_2867.jpg

IMG_2868.jpg

IMG_2869.jpg

子豚に群がる人が多い!!!

この子豚の鼻をなでると幸運になるとか、またフィレェンツェに来れるとかそんなジンクスがあるそうな。

撫でられすぎて鼻が変色してます。

私も撫でましたw

IMG_2872.jpg

IMG_2889.jpg

馬車が走ってました。

やっぱりこういう街並には、馬車が似合うわー。

白い馬かっこいい!!

これ乗りたかったけど、1人で乗るとか罰ゲームだから、乗る勇気はなかったです…。

そして、フィレンツエのシンボル。

花の大聖堂!

IMG_2884_20150518181929e53.jpg

IMG_2886_20150518181933b56.jpg

IMG_2883.jpg

IMG_2888.jpg

IMG_2887_20150518181958dcf.jpg

超豪華な外観。

さすが、ルネサンス発祥の地!!!!!!!!

外観が一番美しい建物かもしれない。

そう思えるほど、丁寧な彫刻や壁に目を奪われます。

一部改装しておりました。

そして、超行列が…並ぶ気しないので、スルー。

IMG_2890.jpg

落書きされたポスター発見。

イタリア人もするんだねぇwww

小さな町だから結構あるいちゃったよ。

さて、どうしたものか…

そこでミケランジェロ広場に行くことに。

ホテルのオーナーがめっちゃ景色が綺麗だから!と絶賛するので、

どんなものかと思い、まずはバスの切符を買いに。

え…

どこで切符買えるの???

日曜日のせいか閉まってるタバッキが多い。

涙目になりながら、かろうじて開いているタバッキに入ると、無愛想な親父に「ねーよ」と冷たくあしらわれた。

どうしよう…歩いてなんて行きたくない!!!!!!!!!

そう、ミケランジェロ広場はめっちゃ遠い。

歩いて20分ぐらいするし坂道なんで、絶対バスがいい。

必死にバス切符を探した。

バスの中でも帰るけど、車内で買うと2ユーロもする。

(本来は1.2ユーロ)

そうこうしてるうちにバスは出発…見送った。

ローマだったら自販機とかあってすぐ見つかるのに!!!!!!!!!

広い駅構内にやっと発見。

っていっても発見したのはタバッキ。

ここもまた無愛想なおっさんや…涙目になりながら、切符を1枚購入。

イタリア人、優しくない…。

IMG_2885_20150518181930d16.jpg

そしてバス停へ。

IMG_2874.jpg

20分ぐらい待ちました。

ちなみにミケランジェロ広場までに行くには12番と13番バスに乗ればいけます。

最終地がミケランジェロ広場だからとても楽ですよ!

バスに揺られること20分ほど。

IMG_2873.jpg

IMG_2875.jpg

バスは綺麗。

結構遠いなぁーてかバスだから、色んなところに寄り道してるから時間がかかったんだろうけど。

着いた!

IMG_2876.jpg

IMG_2879.jpg

お土産屋が沢山ありました。

IMG_2877.jpg

IMG_2880.jpg

白いフレブル発見!

可愛い!!そして、おば様おされーーー !!!!!!

IMG_2878.jpg

あいにく曇りのため、暗いですが、フィレンツェを一望できます。

…さて、帰るか!

ぶちゃげあまり感動しなかった…

だって、人多いし、時間かけてきた割にこれだけ?という…

うわぁー次どうしよう。

その時、時間は15時頃。

ネットで検索して、ピッティ宮殿の名前を発見。

よし、ピッティ宮殿に行くか!!!!!!

ヴェッキオ橋もちょうど通るし!!!!!

ということで、また12番のバスに乗り込み、ピッティ宮殿に向かいました。

おまけ。

フィレンツェで見かけた柴犬。

IMG_2882.jpg

IMG_2881.jpg

茶も黒もいましたー

イタリア人でも柴犬愛好家がいるのか!?

可愛いです。ですが、やっぱりヨーロッパな街並みに似合わないかもw

続く。

拍手[0回]

PR
≪  254  270  269  268  267  266  265  264  263  262  261  ≫
HOME
Comment
うひゃひゃ(笑)
確かにフローレンスの街並みに柴犬は合わないかもです。体調が少し戻られて何よりです。
じゃがりこ 2015/05/18(Mon)20:28:26 編集
行動力!
ありますね!知ら無い土地でバスはなかなか難しいのに嫌なイタリアオヤジにめげずパワフルです。街自体が美術品みたいで歩くのも楽しめるとは、さすがフィレンツェ。柴はイタリアでも人気あるんですねw
カワ 2015/05/18(Mon)23:42:20 編集
Re: うひゃひゃ(笑)
じゃがりこさん

はい、だいぶ良くなりましたー
柴犬が素朴な顔していたのに驚きましたw
ブリーダーでもいるんでしょうか?w
イトゥー 2015/05/18(Mon)23:52:54 編集
Re: 行動力!
カワさん

いやーまさかタバッキのおっちゃんがあんな無愛想だと思いませんでしたw
怖っ!って思いましたが、切符ください!って言って買いました。
もう少しで完結しますのでしばらくお付き合いお願いします。、
イトゥー 2015/05/18(Mon)23:56:47 編集
1 m前
今も頭痛がひどいようで、ほんとうに心配です。(5月19日、6.40pmタイ時間)

日本ではロキソニン(強いpain killer)が処方薬から下りてきたので誰でも買えます。強過ぎてぼくの場合胃腸が荒れますが、利き目はたしかです。

 *何十年も偏頭痛に悩まされてきている妻も最近ではヒドイときには服用するよ
  うになりました。セデス、バッファリン、EVE等々の昔からの医薬部外品
  は、長年の服用で利かなくなってきているようですので。

mailing addressが分かればお送りするのですが.......
S 2015/05/19(Tue)20:54:03 編集
詐欺師
この詐欺師の投稿は、いい加減やめてほしいです。

http://news.infoseek.co.jp/article/globalnewsasia_1927

それをアップする日本のマスゴミも自浄作用がないですね。

あさから気分が悪い。
shu999 2015/05/20(Wed)09:54:20 編集
Re: 1 m前
Sさん

ご心配をおかけして申し訳ございません。
このところ片頭痛が多く、何かして気を紛らわさないと、
頭が痛くて痛くてしょうがないです。
そのため、くだらないことばかりつぶやいてしまいます…
薬はイブEXを飲んでいます。
今のところまだ効いているので、まだ大丈夫そうです。

しかし、昨日は頭痛でガンガンする中、中国人がギャーギャー騒いでて、殺意を覚えました。
イトゥー 2015/05/20(Wed)11:23:11 編集
Re: 詐欺師
鍵コメ様

記事読みました。
駐在員でいちいち会社設立してまで、保険に入る人いませんよ…
そんなんどう見ても金がない奴が頑張って入ったりする程度です。
しかもそんなに利回り良かったでしたっけ?
またこれで馬鹿を釣って肥やしにするんでしょうね…
イトゥー 2015/05/20(Wed)13:59:43 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
イトゥーがコラムを書いてる雑誌
マニアックな電子書籍のため好き嫌いが非常に分かれます。
暇な方は買って読んでみてね!ワンコインです。
私はタイでOL閑話休題というコラムを連載させていただいてます。
13号から書いてます。
しょうもない現地採用や仕事の話がメインです。
27号が発売されました!
タイ人スタッフに金を貸した話後編です!
完結です!
フリーエリア
タイ語の本
個人的におすすめしているタイ語の本です。
内容もわかりやすいです。タイ語の勉強に役立つと思います。
忍者カウンター
フリーエリア
Booking.com
フリーエリア
忍者ブログ [PR]