忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
2005年からタイに滞在しているしがないOLのブログ。
アンケート第三弾!

Quickvoter™

Q.糞コメは公開すべき?非公開にすべき?

糞コメは問答無用で非公開!
面白い糞コメは公開で
糞コメも全部公開!

プロフィール
HN:
イトゥー
性別:
女性
職業:
OL
最新CM
[07/22 カワ]
[07/22 サンコン]
[07/22 ウドム]
[07/21 アンデルセン]
[07/21 未矢ヲ]
Twitter
Twitter
メール
フリーエリア
5日目はミュンヘンからウィーンへの移動!
ここでもFLIX BUSが大活躍。





ホテルをチェックアウトして、
朝ご飯を食べてから歩いてバスターミナルへ。
スーツケースを転がしながら、ミュンヘンのバスターミナルまで徒歩15分ほど。
途中で白人のおばちゃん二人組に「バスターミナルってこっち?」て英語で道を聞かれ、
「YES!」って答えた。
おばちゃん達もスーツケースをコロコロ転がしていたので、たぶん旅行者。
私、ドイツ人じゃないんだどなwww
おばちゃん達に「あなたもバスターミナルに行くの?」って聞かれて「そうですよー」てっ返答。
急いでいるのか小走りに先に行くおばちゃん達。
しかし、途中で道に迷い、こちらを振り返ってどっち?って聞いてくる。
そして無事にバスターミナルに到着!
人が多い!!!

ザルツブルク行のバス停を探しにえっちらおっちら歩く。



あったぞ!!!
30分前に着いたのに人がすごい!!
ていうか、母がいない!!!
だから歩きスマホすんなって言ってるのにはぐれた!
母のLINEに電話するが繋がらないし、スーツケースを置いて近辺を探すと母を発見。
めっちゃ切れてるし。
切れたいのはこっちだよ!!怒
道もわからないくせに勝手にうろちょろするなし!

そしたら緑色のFlixbusがきたー!!!!
バスに群がる人々!!!
我々も群がる!!!!
前回のことを考え、二手に分かれる作戦を考えた。
それは私が荷物をバスに積んでいる間、
母はチケットを見せて先にバスに乗り込み席を確保するというものだった!!!
前回のチューリッヒからミュンヘンの時みたいにイキッタ白人とは一緒になりたくない…
人がすごい群がってて荷物を入れられない!!!
母が戻ってきた!

母「イトゥー、二人一緒じゃないとだめって言われた!!」
私「そんなわけあるかい!!!」

あまりの人ごみの多さにイライラする私。
本当に人が多くて並んだりしなくて、もうわけわかめ状態なんだわ。
とりあえず荷物を入れなくては!!と人波をおし荷物を入れていたら、
係員のおっさんになんか言われた。

マジで聞き取れない。
なんか言われた。
とりあえずYESと答えて荷物を入れた。

そして、バスの入り口でチケットチェックをしている係り員のお姉さんにチケットを見せたら衝撃的事実が!

係りのお姉さん「このバス、ザルツブルクに行かないわよ」

なんですとーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ザルツブルク行のバス停に来たバスだと思ったら、一本早いバスだった模様。
FLIX BUSは結構遅れたりするらしい…

急いで荷物を取り出す我々。
結構な人の荷物の下敷きになっているスーツケースを無事救出。
危うくウィーンじゃないところに行きそうになったわ…
つーか、どこ行きのバスだったのかいまだにわからない…

今朝の行方不明&人ごみの多さにオカンに切れた。

私「ザルツブルクに行かないバスやんか!!!
なんでわかんなかったの!!!本当、もう使えないな!!!!!!!」
母「だってお母さん、英語分からないもん!!」
私「わからんわけないやろ!!!
あなた外国で働いて英語とアラブ語で生活してたやろ!!!
めっちゃ簡単な英語だったじゃん!!本当もう使えない!!!」

しょぼんした母を見て、言いすぎてしまったと私もショボンとしたけど、普段からきれるとこれ以上言われてるから、まっ、いいかって思った。

紛らわしいバスは出発していなくなった。
そして10分後…時刻は7時50分ごろに、やっとザルツブルク行きのバスが満を持して登場!!!!!!



やっときたよ!!!!!!!!!
時間通り?に来てくれた!!!!!!!!!!!
ここでも人込みを押しのけて頑張って荷物を入れた。
黒人のお兄さんがチケット確認係りで、沢山の人が群がってた。
お兄さんも「ちょ、お前ら、落ち着けwww」って感じだったわ。
頑張ってチケット見せたら「パスポート、プリーズ」って言われて、ええええええええって感じ。
お腹の隠しポーチからパスポートを急いで出して見せたら、OKと言われ、急いでバスに乗り込む!!

むむむむっ!?
前回と違い、今回は1階席のないバス!!!
急いで前の方の席を確保!!!
これうるさいんだろうな、マジないわ…って感じで席について携帯を充電した。
予定時間をちょっと過ぎたところでバスは出発!!

なんとミュンヘン行きの時と比べ、とても静か!!!!!!!!!!
すっごく静かな車内で驚きました…。

ミュンヘン行のバスが異常だっただけなのか?

めっちゃ寝れた。
ちなみにトイレ着いてました!
一番後ろです’。ザルツブルクまで2時間なので私は使いませんでした。

で、ザルツブルクに到着したのはいいのですが、バスターミナルがないのか知らんが、ザルツブルク駅近くの道路におろされた。
どこやここ!?って焦ったけど、すぐ目の前が駅でした。




広くて綺麗な駅です。



駅のトイレは綺麗ですが有料です。
一人50セント。1€入れるとちゃんとおつりが出てきます。
アラブ系がくっつき作戦で二人同時に入って行ってマジひいたわ。



駅構内の電子掲示板で自分が乗る電車のフォームを確認します。
今回FLIX BUSのチケットにウェストバーンという鉄道会社経由でウィーンに行きます。
FLIX BUSのチケットは電車代込みです。
10:50発の電車でしたが、それ以外の時間に乗ってOK。
ザルツブルク観光してからウィーンに行くことも可能。
ただし電車は1時間に1本だけです。
またFLIX BUSで電車代込みで買うと電車代めっちゃ高いので、
別に予約することをお勧めします…

ウェストバーンは駅に窓口はありません。
切符を買うなら、車内で係員から直接購入するかネット購入(Weastbahn公式サイト)の2択のみです。
国鉄のOBBよりも安いのでウェストバーンはお勧めです。

電車が出発する時間まで我々は駅構内のスーパーで買い物した。
ここのスーパー広い!!!!!!!テンションあがった。





半生焼きパン発見!!沢山種類があります!!!!!!
少し買い物をして、プラットフォームに向かった。



止まってました、ウェストバーンの電車が!!!
しかし、電子掲示板を見ると出発時刻がおかしい!!!!!!
10:50じゃない!10:05だかそんな時間になって、
車内にいる係員さんにチケット見せながら聞いたら、この電車で合っているとのこと。
安心して乗り込んだ。





車内はこんな感じで綺麗です。
トイレもまぁ綺麗です。
軽食も販売してました。また2階席もあります。
座席にコンセントがあり、充電できるのでここでもアダプターの準備を忘れずに!
また係員がチケット拝見しまーすと二回ほど来ました。
そのうちの1人が金髪長身でリヴァイ兵長の髪型をしたお姉さんでマジかっこよかったです。
ザルツブルクからウィーンへ…
約3時間はかかりました。
結構遠いです。
私達はウィーン中央駅に行きたかったのですが、ウェストバーンはそこまで行かないので途中のWien Hutteldolf駅で乗り換えです。



結構ボロい駅。



ウィーンの切符の機械はスイスやドイツと違って非常にわかりやすく購入に手間取りませんでした!



今日も明日も散策するので1日券を購入。



ホームに向かう途中の青い打刻機に切符を入れて打刻。
ここでも電子掲示板で乗るべき電車のホームを確認。



ウィーン中央駅にはWien Hirschstetten行きの電車へ!
車内にちゃんとどこ行きの電車か表示されているので助かります。
電車路線図でちゃんと確認しておきましょう!
私はガイドブックを持ってたので、ガイドブックで路線を確認したので迷わず乗れました。
1時間ぐらい乗りました。
ザルツブルクからウィーン遠い~!







やっとウィーン中央駅に着いたーーー!!!!!
迷わずちゃんと無事にホテルにもチェックインできた!!!
ふぅー長旅お疲れ様と言いたいところですが、ウィーン初日にやること。
それはザッハトルテを食べること!!
チェックイン後、少し休憩してから外に出ました。








シュテファン大聖堂はちょうどミサのため奥に入れず。
中はそんなに豪華ではないですね。


可愛い陶器屋さん。
はっきり言って、道路は今まで行った欧州の中で一番綺麗です。
ドイツに似ていますが、ドイツより洗練されている印象を受けました。

ちょっと歩くと聖ペーター教会があります。


 



こちらも中でミサをしていました。
カトリックらしい美しい教会です。
カトリックの総本山のイタリアよりもミサが多い印象を受けました。

そしてもう少し先を歩くと、





キターーー!!!
ウィーンで有名なザッハトルテのお店の一つ、デメール!!!!
人がめっちゃ並んでました。
私達も並びました。
店員は皆てんやわんやな感じで、お菓子作りを見ながら並びました。
なんつーか、不味そうなケーキ…( ;´Д`)




20分ぐらい並んで、やっと席に案内されましたー!
途中で待てなくて帰った人も何人かいました。
注文するのにも15分はかかったし、食べ終わってお会計するだけでも15分はかかった。
店員が忙しすぎて来てくれないんだよね…
落ち着いて食べることはできませんでしたね。



デメールの向かい側はモーツァルトチョコの専門店でした。



ちょっと歩くと王宮が見えてきます。
すごい人だ…




電車に乗って次はホテルザッハーへ!!!!!!!!!!
ホテルザッハーがザッハトルテを作った元祖です。
ザッハ―とデメールが2大ザッハトルテカフェになります。


  


凄い人だ…デメールよりも行列が長いです…
ですが、店員がうまくさばいているのか、15分ぐらいで座れました。
メニュー可愛い!!店内も店員の服装も洗練されてます。
このカフェこそ、優雅にお茶会という言葉が似合いますね。
ちなみにザッハトルッテはCafeの方に並んでください。
Hotelの方はダメですよ。
個人的にザッハーの方が美味しいです。生地もこちらの方がしっとりしてます。
しかし、デメールもそうでしたが甘すぎます…

ウィーン初日はザッハトルテを2大カフェで食べるという目的を果たした…
ホテルに帰る前にスーパーにより夕食のサラダを購入。
ついでにホテル近くの教会へ。



  
 
 


いやー本当ウィーンって綺麗な街ですね。
教会の近くは憩いの場になってて散歩するだけ楽しいです。
道路も綺麗だし。教会は中は地味でしたが、清潔ですっきりした内部でした。

こうして初日は終わったのだった…
次の日は美術館だよ!

続く。

タイブログランキング

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ

拍手[4回]

PR
≪  486  485  484  479  483  482  481  480  478  477  476  ≫
HOME
Comment
ザッハトルテ異聞
勤務先の米人男性(兄弟がウィーンでチョコレート屋を経営。X'masには職場の全員分の「箱」数のチョコレートを贈ってくれる。)に尋ねました。

Q.ザッハトルテ、って知ってますか?
A.(ポカーンとしている)
Q.Demelは?
A.(再びポカーン)
Q.ザッハホテルは?
A.(首を横に振る)

結局、すまん、すまん、お邪魔しました、で退散。ザッハタルトを知らないウィーン出身者がいるとは知らなんだ。(ぼくがこのブログを読むまで知らなかったのは当然として。)
S 2017/04/27(Thu)16:48:49 編集
Re:ザッハトルテ異聞
Sさん、こんばんは!
ザッハトルテ、特にカフェザッハーとデメールは7年間、
どちらが元祖かで争ったのでかなり有名なお店です。
オリジナルと名乗っていいのはザッハーのみというザッハー勝利の結果になりました。
デメールは王室御用達の洋菓子店でエリザベート女王が愛したスミレの砂糖漬けもデメールのものです。
ちなみにザッハトルテはチョコレートケーキの王様と呼ばれています。
2017/04/27 19:37
1日にザッハトルテを2つも⁉︎
こってり系のケーキをいっぺんに食べるとはすごいですね。気分は悪くならなかったのですか?

シュテファン聖堂のアヴァンギャルドな屋根はいったいどういう理由があるのだろうか、と気になるところです。
個人的にはなんだかダサいような気がします。
Erin 2017/04/27(Thu)18:54:57 編集
Re:1日にザッハトルテを2つも⁉︎
Erinさん、こんばんは!
流石に二つ食べてきつかったです。
夜はサラダとイチゴだけ食べました。
シュテファン聖堂はゴシック建築ですが、
個人的にはあまり惹かれるものではなかったですね…私もダサいと思うんです…
2017/04/27 19:39
無題
DEMELって猫ちゃんのベロをかたどったチョコレートが有名なDEMELでしょうか!?
私が猫好きだと知ってる友人からDEMELのチョコレートを何回か貰いました(o^^o)
ザッハトルテも有名だったんですね!!

いいなぁ〜美味しそうだなぁ〜

イトゥーさんのブログは夜中に見てはダメですね。
完全に食テロと化してます(笑)
未矢ヲ 2017/05/05(Fri)04:07:48 編集
Re:無題
そうです!猫ちゃんのお店です!!
DEMELのチョコやお菓子は猫ちゃんがパッケージになってました!
王室御用達の洋菓子店なので本当人が多かったです( ;´Д`)
でもザッハトルテはカフェザッハーのがオススメですw
2017/05/05 10:08
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
イトゥーがコラムを書いてる雑誌
マニアックな電子書籍のため好き嫌いが非常に分かれます。
暇な方は買って読んでみてね!ワンコインです。
私はタイでOL閑話休題というコラムを連載させていただいてます。
13号から書いてます。
しょうもない現地採用や仕事の話がメインです。
27号が発売されました!
タイ人スタッフに金を貸した話後編です!
完結です!
フリーエリア
タイ語の本
個人的におすすめしているタイ語の本です。
内容もわかりやすいです。タイ語の勉強に役立つと思います。
忍者カウンター
フリーエリア
Booking.com
フリーエリア
忍者ブログ [PR]