忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
2005年からタイに滞在しているしがないOLのブログ。
アンケート第三弾!

Quickvoter™

Q.糞コメは公開すべき?非公開にすべき?

糞コメは問答無用で非公開!
面白い糞コメは公開で
糞コメも全部公開!

プロフィール
HN:
イトゥー
性別:
女性
職業:
OL
最新CM
[05/23 天才アルファ君]
[05/23 コテカ]
[05/21 未矢ヲ]
[05/21 放浪わらしべ長者 頑張れ日本人代表♪]
[05/21 サンコン]
Twitter
Twitter
メール
フリーエリア
次は母が騙された話。





母は商売の才能が一族の中でも群を抜いてあり、親戚会議などでは母が一番発言権を持ってる。

そんな母は仏教を熱心に信仰してましてね。

仏教こそ全て!と考えるある意味仏教過激派の人です。

それだけ迷信深い人なんで、もう想像つくと思います。

私が中学の時は家の改装で大工と風水師がグルで騙されてましたね。

何百万バーツか取られたと思うわ。

タイ人、特に華僑系だと家を買う前、建てる前、必ず風水師に家の家相を見てもらいます。

風水ではなく、家相師っていうのかな?

どのように家を建てたらいいのか、この家は自分と合っているのか、どのように家を改築したらいいのか…

これがまた友達からの紹介かなんかで家相師に家を見てもらったら、

この家はあかんぞ!

こことここを今すぐ改装しなくては火事になって大変なことになる!!!!

と言われ、その家相師から大工を紹介され、大がかりな改装を。

何回も何回も改装しその度に金をせびるもんだから、さすがにおかしいんじゃね?って気づいた。

まぁタイの大工なんてカスだから改装させればさせるほど家が壊れていった。

この話とは別件で雨漏りするから近所の大工呼んだら全然直らないんだよね。

なんで?

むしろ余計に雨漏りしてるんだけど。

本当にカスレベルの大工で口だけ。

仕事受ける前は、近所で一番美しい家に言われるようにしますよ!とか言ってたくせに実際はゴミ。

またよく金をせびる。

材料買うんでーとかで5,000バーツせびられた。

渡したらそのままバックれたよ。

おかげで中途半端に塗装した壁が残された。

タイ人にプロ意識の欠片もない。

あるのは金せびってトンズラすることだけ。

意識もないから日本人なら職人1人でできる仕事をタイ人は4人必要。

これはマジ。

技術力もないし仕事遅いから。

こんな奴らに職人としての敬意払う必要ないわ。

ただダラダラ一日を過ごしてるだけだから、いつまでたっても仕事が上手くならないんだよ。

あ、話しそれたけど、家相師が怪しいと思い、調べてみたら詐欺師ということが判明してね。

母の怒り爆発、出禁になったよ。

今思うと友達もグルだったんじゃないのかと思う。

そんな母がここ最近騙されたのは土地関係。

7年前ぐらいから知り合った尼さんを母はかなり慕っていた。

というか、熱烈な信者だったよ。

その尼さん、昔はバリバリのキャリアウーマンで月何百万バーツも稼いでいたが、

ある日、お金を稼ぐこと中心の自分の生活がバカらしくなって、出家したとのこと。

両親からは仕事を辞めるなんて許さない!って言われたが、強行出家をし、勘当された。

そんな尼さんを母は信じててね。

私に尼さんがいかに凄い人か、いかに慈善をする人か、尼さんがいかに毎日粗末な家で瞑想に励んでるか話していた。

私も何回か会ったことあるんだけど、私は嫌いだった。

グイグイ人の中に入ってこようとすんだよね。

不愉快でしかない。

私に、

あなたは自分の殻に閉じこもりすぎよ。

もっと周りと仲良くして!なんてご高説たれる。

うっさいわ。

くだらない人間とは馴れ合いたくないんだよ、気持ち悪い!

で、この尼さん、毎回お金せびるんだよなぁー

携帯新しいの買ってくれとか。

どこそこのお寺で仏教的イベントがあるからタムブンしろ。

どこそこのお寺でこれが必要だからタムブンしろ。

みたいな。

金額も一回何十万バーツ以上やで。

しかし、母は信頼してた。

私があの尼さん、ちょっとおかしいんじゃないの?

うちがなんでそんなお金払うの?

って言っても聞く耳持たず。

だから放置した。

こういうのって周りが何言っても意味ないからね〜

痛い目見ればいいわって思ったわ。

そうしないと人間ってわからないでしょ?

高い金額タムブンしても運が上がるからいいの、

お金が来るようになるからいいの、だって。

何か困ったおことがあるたびに尼さんに相談してたわ。

もうずぶずぶ。

あほくさー

で、尼さんから、あそこの土地買った方がいい。

今度値上げするから。絶対するから。

私ここの地主と知り合いだから話つけてあげるって話を持ち出してきた。

尼さんが普通そんな話するか?

明らかに胡散臭いでしょ?

で、それにオカンがひっかかったんだよなー

私を土地に連れて行って、ね、ここの土地いいでしょ?とか言う始末。

はぁ?全くいいと思わないわ。なんでこんなの買うの?金の無駄って答えた。

が、母は土地を購入。

味を占めた尼さん、次はコンビニの話を持ちかける。

このコンビニやめるから、あんた買いなさいよ。

私の信者だから安くするよう話つけてあげるから!

私は断固反対したけどね。

高すぎる。あほかってね。

でも、私の意見をまたもやシカト。

コンビニ買ったよ。今うちがやってるコンビニですよ。

二階は自宅になってて大きな家兼1階はお店って感じのコンビニなのね。

オカンが二階の家を色々改装してる時に近所の人達の噂話が耳に入った。



あそこのコンビニ、XXXで売れたんだ!って言って前の持ち主喜んでたわ〜

ええ、そんな値段であそこ買うバカがいるの?
超ウケるーどんな顔してんだろ?

本当よね〜物好きがいるのね。
あそこの土地、全然安いのにね!騙されるなんて、間抜けよね~



この話を聞いて、母もやっと目が覚めた。

尼さんに騙されていたことを。

調べたら尼さんがコミッション貰ってることもわかった。

そのコミッションも三割もらってるから凄いわ。

所詮仏に使える人間ってこのレベル。

母ブチ切れて暴れて、尼さんと縁を切る。

未だに尼さんの話になると、あのクソアマ!ってすごく怒ってる。

こっちからしたら、騙される母が悪いわ。

アホくさ。

唯一の救いはコンビニが繁盛してることかな。

他には占い師ともいろいろあったけど、めんどくさいから省略。

本当、迷信を売り物にしてる奴らは信用できんわな。

以上。

タイブログランキング

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ


拍手[21回]

PR
≪  323  322  321  320  319  318  317  316  315  314  313  ≫
HOME
Comment
鰯の頭も信心から
それでコンビニを経営を、繁盛されているのは救いですね。日本だと田舎は別かもしれませんが、葬式ぐらいしか付き合いがないですが、タイは根強い関係で徳を積む寄進、寄付も盛んですね。しかし、坊さんの中にもやはり悪い奴はいる様な。
生まれた国や親は選べませんが、イトゥーさんのお母様への気苦労が絶えませんね…。
カワ 2015/09/18(Fri)14:44:04 編集
Re:鰯の頭も信心から
カワさん、いつもコメントありがとうございます。
母は本当に騙されやすいので、こっちはいつも冷や冷やです。
騙されやすいうえに頑固ですから困ります。
お人よし過ぎるんですよね…

宗教関係って神様とか出てくるから断りづらいですよね。
マジでそういうところ付け込んでくるんで最低です。
2015/09/18 19:18
日本の坊主も糞だらけ
金ばっかせびって来ますよ
やれ供養だやれなんちゃらって行事だといった感じで
額が少ないと露骨に態度変わります

盆の読経だって10分以下で終わらせて1万円持って行きますわ
一日で50件以上も回るんだと
日給軽く50万円か

あと戒名が値段で変わるとかおかしいよね
墓も実は買ってるんじゃなくて借りてる状態なんだよね
最初に数百万円掛かって更に毎年数万円の管理費
別に掃除をしたり経をあげてくれる訳でもないのに管理費って何だよ

しかも酒はやるわ女はやるわ生臭坊主ばっかですわ
ぬるぽん 2015/09/18(Fri)15:24:25 編集
Re:日本の坊主も糞だらけ
ぬるぽんさん、こんばんは。
うちも父の葬儀で凄いお金とられました!
でもこのお金は無駄じゃない生きたお金の使い方だ。ここでケチる奴は人生失敗するみたいなことを言う奴がアホかって思いました。
良い戒名で徳が貰えるよーって考えマジで馬鹿らしいです。
お金で徳を測るのか?貧乏人全員地獄行ですよね。

特に日本の坊さんにお経を唱えてもらってもありがたみを感じません。
仰る通り、酒を飲むし、女と寝るような坊主のどこに徳があるのか。
また3周忌だとかで毎回金をとるし。
2015/09/18 19:22
無題
以前、日本の某タイ寺でボランティアをしてました。
しかし、イサーン人の住職がタクシン派で、タクシン派じゃないお坊さんをいじめて追い出すような奴でした。特に中国系のお坊さんは嫌いだったみたいです。
僧侶は政治に関わってはいけないという戒律があるのに全力で無視。
普通の信者の反発を招き、寺がタクシン派の集会場みたいになりました。
そしてその寺を支援する日本人の財団の口座に預けられていたお金を、「この金は寺のものだ」と裁判を起こしました。
当時のタイ大使と知り合いだから裁判に勝てる、と思ったようです。
タイではそんなものかもしれませんが、日本で通用する話ではなく、裁判には当然負けました。
そこに元ムエタイ選手で事業家、というかタイマフィアの人が寺の経営にごり押しで口を出しはじめ、住職はタクシン派繋がりで味方を得た、とばかりに威張りだし、日本人側は「これじゃ支援できない」と引き上げてしまいました。
しかし、ある日、その寺は火事で全焼してしまいました。住職は信者から布施を募って寺再建を図りましたが、その場所は調整区域で、いくら金があっても新築不可の場所になっていたのです。
ろくでもない坊主はいるにはいるが、仏罰ってあるんだなと思った出来事でした。
ちなみに、お坊さんに食事供養をすると絶対余るので、それ目当てに子供連れてうろうろしている人がたまにいました。しかも子供が高校に受かったのに入学金を払わない、ロッタリー(裏ルートで日本でも買えるそうです)ばっかりやってるなど、、、長くなるのでこれくらいで切りますね。
宍戸 2015/09/18(Fri)21:11:36 編集
Re:無題
宍戸さん、こんばんは。
日本に行ってもくそタイ人坊主はくそですね。
タクシン派のお寺というとワットタマカーイ系でしょうか?
あそこはタクシンがかなりの額を寄付しており、マネーロンダリングの温床ですね。
因果応報で仏罰にあったのはスカッとするお話です。
しかし、こういう生臭坊主が多いのでますます信仰心が落ちていきますね…。

ロッタリーは今でも日本で売ってますか?
私が小学生の時に母が知り合いのタイ人に頼まれ3口ぐらい買いました。
そのとき、数字を選ぶんですが、私が適当に選んでダイヤのついた金の腕輪が当たったことを今思い出しました。
タイ人は基本どこの国に行っても賭博大好きですよね。
2015/10/10 21:24
坊主、尼 まったく信じていません
ぼくも日本の坊主にはずいぶん金をむしられました。

思い返せば、江戸時代には幕府の手先として人民の管理をしていました。だから、広く怨嗟をかい、明治維新では廃仏キシャクの憂き目にあったと思っています。

現代の日本では金を貯め、レオナルド・ダ・ヴィンチのアンギアーレの戦いを買ったものの発覚し、あわててフィレンツェに返還するありさまです。
S 2015/09/19(Sat)09:19:20 編集
Re:坊主、尼 まったく信じていません
Sさん、こんばんは。
本当に坊主丸儲けという言葉の通りですよね。
坊主ほどいい商売はないと思います。
これが山籠もりでもして真面目に修行してるならまだしも、嫁子供もいる日本の坊さんは本当に信用できません。
戒名でお金を取るシステムも意味わかりません。
レオナルド・ダ・ヴィンチのアンギアーレの戦いを買ってる様子も貴族にでもなったつもりでしょうか?
2015/09/19 23:24
信ずる者は救われるですが
お母さん、騙され易いのは心配ですが、騙された怒りを行動力にして儲けるところは偉いですね。大工さんの話は、一回目の仕上がり実績で判断すべきでしょうね。自分は、理に叶わない話とかで、無理が有る場合、ちょっと引いて時間を掛けて考える事にしています。イトゥーさんもお母さんとの距離感の取り方が難しいですね。
ドリアンランタロウ 2015/09/19(Sat)09:36:24 編集
Re:信ずる者は救われるですが
ドリアンランタロウさん、お久しぶりです。
母の人をすぐ信じてしまうところに困ります…
頑固だから話を聞きませんし…
でも、騙されたら即行動に移すので行動力はめちゃくちゃあります。
最近は何かする前に私に言ってよ!って強くいってます。

大工もずる賢くて最初はちゃんとやるんですよ!
で何回かすると本性が出てきて、手抜きに…タイには何も期待しないのが一番です…
2015/09/19 23:21
親分はつらいよ?
イトゥーさん、こんにちは。
うちの母もそうなんですが、横から見てるとイラつきますよね。
その尼さん、読んでるうちに私の叔母(母の妹)とかぶってきました。あまりにも似てるかなと‥。

まーその叔母の話になりますが、マルチ商売がてら稲荷ご利益信仰から入りまして、そのうち霊能力がついたとかで拝み屋始めたんです。
それで離婚、子供もバラバラになってしまい、失意の底を彷徨い、祖母のススメもあってコーヤサンで得度を受けて正式な僧侶になりました。

しかしですね、根が拝み屋ですからね~、そんでもってマルチ商売出身てことでもうご想像の通り拡大路線を爆走します。
「きえーーーー!」というイタコショーは演技だとしてもですね、その商売勘を生かした企画やトークで信者を増やしていきます。
まーあのボロボロな姿からは想像もできない程の立派な?親分となりました。
でも成功は失敗の始まりともいうし、世の中そんなに甘くはありません。彼女の新しい旦那は地元ヤクザの長男さんで暴力癖があります。彼との娘は超甘やかされて育ち、まるでアーチャリー状態。
連れ子を合わせた問題ありの家族たちは、ものの見事に彼女にぶら下がります。
タイではスタンダードですね「持ってる奴に集れ」は日本でも普通にあります。
今では彼女も70歳近くなって、宗教遍歴癖のある尻軽信者を繋ぎとめるパワーは残り少なくなっています。
後継者と目論んだ息子はパンクロックのバンドマン、無教養な労働者出身とあってアイデアも演技も下手なんで、いつもイライラせねばなりません。
そういうことで、今日も老体に鞭打って、死ぬまで現役を覚悟して、使えないぶら下がり家族たちのためにソロバン弾かなければならないのです。
ちなみに今年の5月に私の弟の葬式でお経を読んでもらったのですが、読経代に親戚割引なしです。
お金を払うときに、なぜか横から娘さんが「ありがとうございまーーす!」と頭を下げるので、「おや?なんでお前が?」と思ったのですが理由は後で発覚しました。
四十九日は日本に居ないんで、10日ほど前倒しで行うって言うじゃないですか。
なぜなら家族でカナダ旅行に行くからだそうですwww
それも娘のバカいや若旦那ともども‥

おそらくイトゥーさんのお母様を騙した尼さんですが、こんな裏事情を抱えてるんじゃないかと勝手に想像しました(=_=)
muga 2015/09/19(Sat)11:38:10 編集
Re:親分はつらいよ?
mugaさん、こんばんは。
mugaさんのところは凄まじいですね…
家族でカナダ旅行…騙される信者はそんなことにお金お使われているとは夢にも思ってませんよね…。
騙した尼さんはどうもタイ全土に名前がとどろくようなカリスマ尼さんを狙っているようです。
出家した身でよくそんなことを求めるな…って思います。
まったく出家した意味ないです。
2015/09/19 23:18
原始仏教
ミャンマーでも時々ありますが、本来、仏教が関連しないところに仏教が入ってきますね。

そもそも仏教って、我欲を捨てるのが基本なので、儲け話とか個人の利得とかとか一切関係ないはずなんですが…
特に、原始仏教≒上座部仏教は、出家者はモノの所有すら禁じているし。

こんな時間だし仏教について語ろうぜ
http://world-fusigi.net/archives/8147670.html
レコスケ URL 2015/09/19(Sat)14:20:59 編集
Re:原始仏教
レコスケさん、こんばんは。
そもそも人間に我欲を捨てること自体難しいですよね。
特にタイみたいに俗物的な国では…一種のギャグかと思います。
2015/09/19 23:15
タイの仏教と正統派ユダヤ教
イトゥーさん、ご無沙汰です。離任前のドタバタで記事とコメントは、チェックしてましたが、コメントは、お休みしていました。
唐突ですが、タイの小乗仏教って正統派ユダヤ教に似ている様な気がします。
全くの素人の理解ですが、イデオロギーとしてのタイの仏教は、男性だけが、厳しい修行をして解脱出来るのですが、真面目に修行するとゴハンを作ったりする暇がありません。そこで一般庶民からの喜捨に頼らないといけないのですが、喜捨を貰う為の方便として、現世御利益的な側面が出て来て、時には、修行をそっちのけで私欲に走る僧侶もいるのでしょう。
ピサヌロークのタイで一番美しい仏様を拝観した時、お坊さんが、境内の仏様を案内してくれるのですが、「この仏様を拝むと目が良くなる。」とか、即物的な話しばかりでした。
昔、イスラエルに住んだ事がありますが、イスラエルのユダヤ人の殆どは世俗的ですが、少数の正統派ユダヤ教徒がいます。彼らは、聖書を勉強するのが仕事で、それだけではゴハンが食べられないので、イスラエル政府が年金を支給して、それで生活をしています。イスラエルは、国民皆兵ですが、兵役も昔は免除された筈です。世俗的ユダヤ教徒は、面白く思わない人も多いのですが、ユダヤ教を守る為という建前がああるのでどうしようもありません。
ああ、それから、タイで女性がお坊さんに触れてはいけないと聞いていますが、正統派ユダヤ教徒の男尊女卑も凄いです。




カイロ 2015/09/19(Sat)18:14:14 編集
Re:タイの仏教と正統派ユダヤ教
カイロさん、お久しぶりです!
離任ということは日本に帰られるのでしょうか??
おっしゃる通り、タイの仏教は男尊女卑です。
女性に生まれた時点で男性のように厳しい修業はしたとしても、つめる徳は違うと聞きました。
女性が知恵の実を勧めたから女性のほうが罪が重いと考えてるのでしょうかね?w
結局、タイで出家してる人なんてほとんど訳ありですよ。
働きたくない奴とか犯罪者とか。
こんな奴らを拝むより、仏像を拝んでるほうが絶対いいです。
私は偶像崇拝が一番いいと思います。
中には本当に悟りを開くために修行している方がいますが、そんな方々は人里離れた山奥にいます。
バンコクにいるお坊さんなんて怪しすぎます。
数年前に話題になったネーンカーム?という坊さんだって説法に定評がありましたが、実際は何人も愛人がいてブランドもの大好きで個人資産もってアメリカに逃げてますよね。
神様は敬うものですが、宗教というのはどこも問題ばかりだなーって思います。
2015/09/19 23:08
お母様の件
お母様って行動の人ですね。
女性的ですごいと思います。
自分のアンテナが反応したらまず食いついてみる。
思惑通りで良かったらとことん行って、
逆にダメとわかれば即撤退する。
正しい戦略だと思いますね。

かる 2015/09/20(Sun)02:41:50 編集
お母様のやり方の件
挑戦と失敗は重要です。
面白そうだなと思えばまず突っ込んでみる。
そしてダメならやめる。
お母様はさすがです。
かる 2015/09/20(Sun)04:52:30 編集
Re:お母様のやり方の件
かるさん、コメントありがとうございます。
そういってくれて助かります。
行動力はある母ですので、選択を間違えなければ完璧だと思います。
2015/09/21 20:28
どこ系かというと
あの悪名高い会派ではなく、王様も出家されたタンマユットニカーイのお寺でした。戒律に厳しい、王族に近い、などの理由でタイ人信徒すらも油断していたみたいです。
そして件のタクシン派住職がどうして出家したかというと、在家の時に営業マンをやっていたが、車で人をはねて死なせてしまったからだそうです。イトゥーさんの他の方へのレスに、タイで出家してるやつらはほとんど訳あり、とありましたが、そのまんまですね。
どういうわけだか刑務所には入らなかったそうですが、就職先に困って出家したのかもしれません。
で、前の投稿ではいちいち書かなかったのですが、住職がいじめて追い出した中国系のお坊さんは女性信者に人気があり、それに明らかに嫉妬してました。もう何のために出家したのやら、、、
でも、寺が全焼した時は私もビビりました。ソンクラーンの2日前というタイミングだったので、お釈迦さまもキレたのかと思いました。

ロッタリーは私は買ったことはないのですが、売ってるならあそこしかない、という場所はあります。ローイクラトンの時、外れたロッタリーの紙を上手く組み合わせてクラトンを作っている人がいましたが、その年にあった悪いことを水に流すのがローイクラトンなのだ、とバンコクで会った軍人さんが言ってました。彼はその時バイトでバーの用心棒をしていた、というのもアレなんですが、、、
宍戸 2015/09/20(Sun)18:34:34 編集
Re:どこ系かというと
宍戸さん、こんばんは。
タイの坊さんなんて所詮タイ人ですから徳のクソもないですよ!
本当に仏像を拝んでる方がマシです。
そんな由緒あるお寺でもうんこ野郎がいるから、余計に信仰心がなくなります。
それはきっとお金を積んでなんとかしたんでしょうね…
しかし、火事で全焼…恐ろしや…
因果応報って実際あるのですね。
人間、悪いことはしていけませんね。
こういうお話、大好きですのでもっと教えてください!
2015/10/10 21:24
時々話に出るコンビニ
今晩は。
そのような事情があったのですね。
騙す方も、良く調べて来るのでしょうね。
日本じゃお経はわけの分からないけど有り難い物となっていますが、それを聞いた仏陀はどう思うのでしょうか。

お坊さんは全ての意味を悟る為、修業していると思われますが、何処の場所にも欲に駆られた坊主も多いのですね。
イトゥーさんも日々情報をアップデートして詐欺野郎からお母さんを護って下さい。
koji 2015/09/20(Sun)20:52:29 編集
Re:時々話に出るコンビニ
kojiさん、こんばんは。
もう母はお人よしだから本当に心配です。
コンビニも何やってんだよ…って思いました。
でも、結果的には儲かってるからプラマイゼロなのが救いです。
スピリチュアル系にはまりやすいので、要注意です!
2015/09/21 20:33
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
イトゥーがコラムを書いてる雑誌
マニアックな電子書籍のため好き嫌いが非常に分かれます。
暇な方は買って読んでみてね!ワンコインです。
私はタイでOL閑話休題というコラムを連載させていただいてます。
13号から書いてます。
しょうもない現地採用や仕事の話がメインです。
27号が発売されました!
タイ人スタッフに金を貸した話後編です!
完結です!
フリーエリア
タイ語の本
個人的におすすめしているタイ語の本です。
内容もわかりやすいです。タイ語の勉強に役立つと思います。
忍者カウンター
フリーエリア
Booking.com
フリーエリア
忍者ブログ [PR]