忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
2005年からタイに滞在しているしがないOLのブログ。
アンケート第三弾!

Quickvoter™

Q.糞コメは公開すべき?非公開にすべき?

糞コメは問答無用で非公開!
面白い糞コメは公開で
糞コメも全部公開!

プロフィール
HN:
イトゥー
性別:
女性
職業:
OL
最新CM
[06/20 みその]
[06/19 未矢ヲ]
[06/18 タイは退廃国家]
[06/18 koji]
[06/16 未矢ヲ]
Twitter
Twitter
メール
フリーエリア
といっても、書くことが本当にない。

何書けばいいのかなぁ。

あ、リクエストにあった父の話。







父は純日本人です。

たまたま食べに行ったタイ料理屋で働いてる母に一目惚れして結婚しました。

父はそれこそ日本人!って感じで仕事一筋の職人でした。

土日も休まず仕事してたから、あまり父と遊びに行ったことはないですねー

母はそんな父に何も文句言わず、

お父さんはね、とても真面目なのよ。

仕事には遅刻したこともないし、

土日も休まず働いてお金を稼いでるの。

って言ってたので、

土日に父が遊んでくれなくても、

仕事頑張ってるんだーほぇーぐらいにしか思わなかったです。

たまの休みには父は1人で釣りにでかけてましたw

別にそれで父を怒ったりしませんでした。

むしろ、釣り雑誌に父が載ったりするのを見るのを楽しみにしてましたw

これが日本人の嫁さんだったら、夫婦関係の危機でしたねwww

土日も仕事してる人、日本人女性は嫌いでしょう。

でも、うちの母は家族のためにお金を稼いでくれる!頑張ってる!いい人!!!!って感じに捉えてました。

現に自分たちの生活を支えてくれてるのは父なんだなぁとしみじみ思いました。

夜7時ぐらいには父は帰ってるんで、皆でテレビ見たりしてました。

真面目で優しい父だったのですが、晩年恐ろしいことが起きます。

なんでも父の先祖は、とある地方でそこそこの侍だったそうです。

ですが、自分の領地の農民を虐めては殺し、好き勝手やって、それはもう怨みを買いまくってたそうです。

そして、ある日、自分の腹心をも斬り殺しました。

その時、息も絶え絶えに腹心が

お前の子孫を呪ってやる!

と呪詛の言葉を吐き、息絶えたそうです。

その時から父の先祖の家は、おかしくなったそうです。

男の子が早死にしたり、ろくな人間に育たなかったそうです。

父も自分の父親、つまり私の祖父とも馬が合わず、ほぼ縁を切ったように生活をしてました。

ちなみに祖父がこれまた最低な男です。

浮気はするは、喧嘩はするはでうんこ野郎でした。

だから私は父方のお盆も墓参りもしたことないんですよね。

父がある時、たまには先祖の墓参りをするかと思い、車のエンジンをかけたところ、エンジンがかからなかったそうです。

ああ、これは来るなって意味だなと直感で感じ、父は一度も行きませんでした。

そして、父が亡くなる8年前ほど。

父が朝起きると、私と妹にこう言いいました。

夢を見た。

今までご先祖様が殺した人や動物達が出てきて、俺に言った。

お前で最後だ、と。

俺で呪いが終わる。

だから、お前たちは大丈夫だ。

その日以降、気がつくと父は人が変わったようでした。

真面目だった父がそれこそ豹変しましたねー

父はこんな人だったのだろうか?

どうしようもない祖父に似てきてないか?

何て思った矢先、父は肝臓癌になりました。

そして、あっという間に亡くなりました。

マジでヤバイって時に私は日本に帰り、父の見舞いに行きました。

父は亡くなる前に扉を見つめて、

あそこに侍の格好した人がいる…

あれかな…

って言ってました。

モルヒネで幻覚でも見てんだろって思いましたが、

あれってもしかして呪った本人の霊がお迎えに来てたのかもしれませんね。

ちなみに私自身そんな体験何もないです。

以上、イトゥー父のお話でした。

タイブログランキング

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ

拍手[27回]

PR
≪  311  310  309  213  308  307  306  305  304  303  302  ≫
HOME
Comment
お父様
早くに亡くなられたんですね。一族への呪い祟り、俄かには信じられない話ですが、代々、不審な死が続いたら…。真面目なお父様が豹変されるのはおかしいですよね。イトゥーさん日本を離れるのは辛かったでしょうね。
カワ 2015/08/28(Fri)00:17:12 編集
Re:お父様
暖かいお言葉、ありがとうございます。゚(●'ω'o)゚。
父が最後に呪いを引き継いだのかわかりませんが、50で亡くなりました。
私自身、霊現象にあった事ないのでよくわかりませんが、もしかしたらそういう事もあるかもしれません。
2015/08/28 00:20
すごいお話ですねえ
俺で呪いが終わる、そして豹変とは、小説になりそうですね。
どのように豹変したかはプライバシーですね、きっと。

小説化の際は、ぜひ色っぽいことのサワリも、さらっと書きこんだら売れます。(サラッとした書きこみ例:「ふくふくした を触ってみたい。でも怒られるだろうなあ。」くらいでとどめる、いつも書き方で。)
S 2015/08/28(Fri)06:42:18 編集
Re:すごいお話ですねえ
おはようございます、いつもコメントありがとうございます。
晩年と若い頃は全く違う人間になってて驚きました。
しかし、色っぽいシーンが全くないので、どうやって無理矢理入れるか悩みますね…笑
2015/08/28 08:22
立派なお父様ですね。
イトゥーさんの会社人としてのまじめさ勤勉さはお父さんの背中を見ながら育ったおかげなのでしょうね。私は正直、神様、仏様、霊の類は信じていません。お父様が他界される前に少しだらけたのは人生で何か吹っ切れたものがあったのかも知れません。私は55歳ですが子供が大学卒業するまでは会社人として生きていくつもりです。タイのように冬のない国は冬に備えてまじめに働いて蓄えておくという概念がないようですね。イトゥーさんの活躍をいつも面白く読ませていただいています。ありがとうございます。
ルクセンブルグ 2015/08/28(Fri)07:54:41 編集
Re:立派なお父様ですね。
初めまして、コメントありがとうございます。
ルクセンブルクさんが言うように確かに父は何か吹っ切れたのかもしれません…しかし、よく考えると私が大学生の時にもうおかしくなってたので、亡くなる3年前ではなく、8年前でした。
タイ人はだらけてる人間が多く、真面目に働くのは華僑と華人ぐらいです。母も働き者なので父の真面目なさが好きだったようです。
ルクセンブルクさんもお子さんが社会人になるまでは良き大人、良き親として見守ってあげてください。
応援ありがとうございます!
2015/08/28 08:26
自然と学んでいるのかな
イトゥーさん、初めまして。いつも楽しく拝読させて頂いてます。
私の母も「お父さんが一生懸命働いてくれているから」と常々言っていました。
幼心に寂しさも有りましたが、だからこそ一緒に居られる時の楽しさ嬉しさはひとしおでしたね。
母も仕事をしていましたが、それでも「お父さんが…」です。
なので、それが当たり前の日常で、私は父に自然と「ありがとう」と言えていました。
父にだけでは無く、勿論母にもです。
父も母に「いつもありがとうな」
ご飯を食べると「美味いな〜」と必ず言っていました。
子供達の前では見せない姿も有ったでしょうが(笑)
誰かに何かをしてもらったら「ありがとう」と必ず伝えている両親でした。
そのお陰で私も「ありがとう」を自然に言える大人になりました。
以前イトゥーさんが日本の学校教育の記事を書かれていましたが、全く持ってその通りだと思いました。
環境って大切ですよね、本当に。
他人を蔑み、攻撃して…それだけでは、そこからは何も生まれないと思います。
人の主義主張に噛みつく、挙句の果てに逆ギレのコメントまで…
そんな読者にもきちんと対応しているのは、やはり育った環境なのかなと感じています。
面倒でも投げ出さず、一貫してきちんと主張する…
逆ギレコメントでも熟読して、自らの言葉でまた意見を述べるというのは中々出来ませんよ。
子供の頭を押し付けず、きちんと意見を言わせ、またそれを聞く、きっと良いご両親だったのだと思います。
若くして亡くなられたお父様は無念だったと思いますが、きっと満足されていると思いますよ。

私はイトゥーさんの毒舌と、ぶった斬る姿勢が大好きなので
これからもブログの更新を楽しみにしております。
長々と散文ごめんなさい。お身体、ご自愛下さいね。








のん 2015/08/28(Fri)10:43:29 編集
Re:自然と学んでいるのかな
初めまして、コメントありがとうございます!

いえいえ、私は短気で性格は悪いので大した人間ではありません…汗
うちも母も働いていましたので、家には基本両親がいなかったです。
でも、父はプレステとか新しいゲーム機が出る度に発売日にいつも買ってきて、
驚かせてくれました。
母も一緒にスーパーに行くと好きなお菓子を買ってくれたので、
あまり寂しくなかったです。
また母はタイ人なので子供の意見は基本聞きませんw
タイでは親が絶対なので、親の言うことを子が聞くのが美徳とされます。
私はそんな母の考えに納得できず、おかしいことはおかしい!と言って、
よく喧嘩してますw

個人的に攻撃的なコメントを削除やスルーはフェアではない気がするので、
あえて載せてます。
あまりにも酷い人は規制しています。
人間考え方は皆違いますから、
批判的なコメントも当然あります。
ただ低レベル過ぎますね…
応援ありがとうございます!
2015/08/28 18:19
末代まで
良くできたお母様ですね。
私なんて、たまに土曜日出勤するだけで、タイ嫁にいろいろ言われます。
お父様は亡くなられたから、タイへ戻ってきたのですね。
それならば、イトゥーさんは日本男子と結婚しないと、日本でのあてがないですね。
まともな、(タイでは難しいですが)日本男子が見つかると良いですね。

末代までの呪いというのは、簡単には解けません。
お母様、イトゥーさんを「誰か」が守っていてくれているかもしれません。
shu999 2015/08/28(Fri)11:24:18 編集
Re:末代まで
いつもコメントありがとうございます。
日本には妹がいるので、まだまだ帰るあてはありますよw
前に妹の友達が霊視した時は、
父にアジア系の女性が守護霊でいたらしいのですが、
呪いを受け入れた父により加護がなくなったのかも?
2015/08/28 18:24
因縁なのか、役割なのか
イトゥーさん、こんにちは。
今回の記事も興味深かったです。
そういうご先祖の話ってのは身近にもあります。
私の苗字も変な苗字なんですが、とある霊能者の話では、どうやらご先祖が会議を開いてですね(笑)、この家はもう終わりにしようと決議されたようなんですね。
話しを聞いてみれば、確かに養子で繋いできた家ですから終わってても仕方のない家なんですが、フザケルナ!と思いました。

そういう私といえば、ロクでもない家族たちに囲まれて、将来や希望といった言葉には縁遠く、子供の時から「この家は僕で終わりにする」なんて言ってたくらいなんです(笑えない)
それで家の跡継ぎの私はなぜかタイに来ているし、弟は今年五月に急死しましたから、ご先祖の決断話も100%嘘っぱちだとは言えなくなってきてます(汗)
ちなみにタイのダーラーにも同苗字を名乗る人がいて驚いたのですが、やっぱり我らは日本からはじき出されたの?って思いました(笑)

そして母方はもっと因縁深い。
祖母の家は石見銀山を管轄する家老だったそうで、悪い事を随分とやってると。それで家が没落しちゃったって話です。
祖父側は村上水軍の出だそうで、これは海賊みたいなもんですからやっぱり悪さしたのでしょうか、家から坊さんが7人生まれないことには因縁は終わらないって話を聞きました。
只今4人目の坊主が従弟なんですが、彼の適正を全く無視して住職として奮闘中です。
「親の因果が子に報い」なんて言葉がありますが、先祖のこさえた悪因を直接関係ない子孫がバチ被るってのは腑に落ちない話ですよね。

イトゥーさんの親父殿の頑張りを見習って、私も死ぬまで自分の役割を演じ切るしかないのかな、と思いました。
muga 2015/08/28(Fri)13:33:14 編集
Re:因縁なのか、役割なのか
いつもコメントありがとうございます!
mugaさんのご先祖様も酷いですねw
勝手に終わらすなんて酷い…
でもmugaさんの話を聞いて、
父は自分の役割を全うしたのかもしれませんね…
人それぞれ、役割と言う定めがあるのかもしれませんね。
私にも定めとかあるのかなぁー
親と子と言うのは魂的にもつながりがあるので、
因果はあるのかもしれません。
子が悪いことしたら親に責任があるように、
親のことも子に責任があるのだと思います。
こういうのは自然に任せるしかないですよね。
ただ慎ましく人に迷惑をかけずに生きていこうと思います。
2015/08/28 18:31
似ています
私の父は今から20年前の中学生の時に肺ガンで亡くなりました。生前の父はイトゥーさんのお父様と同じく土日とか関係無く働いていたのとお恥ずかしながら貧乏だったのとで、仕事で父がいなくても
「お父さんはお仕事頑張っているんだ」
と考え、このことが後に仕事によっては土日とか関係無くなるから休みの曜日にこだわる必要は無いと自然に学び、私自身人と一緒が嫌いな性格も加えてシフト制や平日休みの職種で働いています。

話は父に戻りますが、子供が休みの日に休みが取れると必ず遊びに連れて行ってくれたり、そうでない時は母と子供だけで泊まりで遊びに行かせたりと、父は家族への愛情をより深く感じさせてくれました。なので一般的な日本人夫婦に生じる家庭崩壊とは無縁で、むしろ何でそんなことが起こるのか未だに理解出来ません(笑)

そんな父の晩年ですが、がんに侵されている体を動かせるだけ動かして、遂に倒れて入院してわずか2週間、享年42歳(男性の厄年)でこの世を去りました。その間お見舞いに行きましたが、行くたびに弱って行く父をまともに見られず辛かったです。
そんな私も父がこの世を去った歳に近づいていますが、父よりも長く生きて行くことで父への親孝行をして行きます。

父方は祖父の代で三重から、母は就職で九州から私達の地元にやって来て苦労をして来たから、娘である私達にも大なり小なりその流れ(考え方や生き方と血筋)は出ていますね。だからなのか言葉遣いと顔つきと行動が他の地元民とはどこか違うと母が言ってました。
しまね 2015/08/28(Fri)18:57:48 編集
Re:似ています
今晩は、いつもコメントありがとうございます。
やっぱり日本のお父さんは、どこも家族のために仕事を頑張ってるんですね。
自分の身を削って働いているので、ちゃんと感謝しないといけませんね。
よく夫婦のすれ違いが、子供の相手しないとか休みも相手してくれないとかありますが、生活のためならしょうがないとも思うんですよね。
これがお互い共働きで女性に家事や育児を押し付けてたら家庭崩壊になりますが。
平日お休みは羨ましいです…休みの日は必ずしも土日じゃなくてもいいですからね。
しまねさんが真面目なのもやはり、お父さんの背中を見て育ってきたのだと思います。
子供ができる簡単な親孝行は親より長く生きることです。
お父さんも見守っていると思います。
2015/08/29 23:06
無題
こんばんは

疑問に思っていたお父さんの話しが聞けて良かったです。
立場上一番知りたいと思っていたので…
正直想像とだいぶ違ってました。イトゥーさんがタイの大学に入学されるにあたってお母さんが心配になりイトゥーさんと共にタイに移り住み、仕事があるお父さんは日本で生活をし流れのまま現在に至ると…まあこんな感じで勝手に想像してました。
違ってましたね…

ただ何処の誰がお迎えに来ようがチビちゃんが成人して一人で歩いていけるようになるまでは追い返します。というより霊、宇宙人等一切信じて無いのでお迎えに来ても気づかないでしょうね(笑)
RLE 2015/08/29(Sat)01:50:16 編集
Re:無題
今晩は、いつもコメントありがとうございます!
なんか死ぬ数年前に父が本当に人が変わって、おいおいまじかよ…って感じで結構大変でした。
またタイの大学を出たので、今更日本に帰るのもなーと思い、ダラダラ、タイに住んでますw
RLEさんがお父さんなら、どんな霊でもはねのけてくれるので、お子様も安心してすくすく育ちますね(*'∀'*)
2015/08/29 23:34
このブログはコメント欄もすごい
コメント欄の皆さまのお話もすごいですねえ。こうした凄いコメントをカタリストのように引き出すブログの書き手がすごいのは言うまでもなく。
2015/08/29(Sat)07:25:20 編集
Re:このブログはコメント欄もすごい
私はただ適当に書いてるだけなので、コメントくれる皆さんがすごいです。
ありがたいものです。
Sさんもいつもありがとうございます。
2015/08/29 23:43
イトゥーさんはお父さんの歳を超えた時に、何を思うのでしょうか。
こんばんは。
私の父さんの父親(私の祖父)が、確か51歳で亡くなり、私の父さんは当時7歳で、自分の父親の記憶があまりないそうです。
その私の父が自分の父親の歳を超えた誕生日に、しみじみと「俺も、親父の歳を超えたなー。これからも健康でいないと長生きしても意味ねーなー」と酒飲みながら言ってたのを思い出しました。
すぐ上の自分の兄貴(私の叔父)を数年前に51歳で、病気で、亡くしている事も在ったからだと思います。

イトゥーさんも、お父さんの歳を超えたときに何を思うのでしょうか。
ブログに記載する必要はありませんが、きっと、その時の誕生日は特別な日になるのではないでしょうか。

仕事に忙殺される日々かもしれませんが、健康で、お父さんの歳を超えられればいいですね。
私の父さんの場合は幸せそうだったから、きっと笑顔で迎えられますよ。

シャム猫さん、本場タイでも少ないのですね。
残念.....
それじゃあ、きじとらさん見つけます!


koji 2015/08/30(Sun)18:58:55 編集
Re:イトゥーさんはお父さんの歳を超えた時に、何を思うのでしょうか。
父の歳を超えたら、なんか感慨深く思うことがあるかもしれませんね。
まだまだ20何年もあるので、それまで無事に生きていけるか…ガクブル
キジトラネコはたくさんいますよ!
ぜひ、発見してください!
2015/08/30 22:23
えっ!そうだったんですか
父上様はお亡くなりになっていたのですね。ご
健在だと思ってました。「ジゼル
あんまりだよ
」ヒラリオンの心境のじゃがりこでした。ご姉妹に幸多からん事を。
じゃがりこ 2015/08/30(Sun)19:20:59 編集
Re:えっ!そうだったんですか
じゃがりこさん、お久しぶりです!
はい、かれこれ5年ぐらい前に亡くなってます。
ヒラリオンは悪いことしてないのに可哀想ですよね…成仏してくれ…
2015/08/30 22:24
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
イトゥーがコラムを書いてる雑誌
マニアックな電子書籍のため好き嫌いが非常に分かれます。
暇な方は買って読んでみてね!ワンコインです。
私はタイでOL閑話休題というコラムを連載させていただいてます。
13号から書いてます。
しょうもない現地採用や仕事の話がメインです。
27号が発売されました!
タイ人スタッフに金を貸した話後編です!
完結です!
フリーエリア
タイ語の本
個人的におすすめしているタイ語の本です。
内容もわかりやすいです。タイ語の勉強に役立つと思います。
忍者カウンター
フリーエリア
Booking.com
フリーエリア
忍者ブログ [PR]